防災への取り組み

綿半では災害時使える防災グッズ、防犯グッズをに各種取り揃えております。 災害時に備えてご自宅に防災・防犯グッズを用意しておきましょう!

ローリングストック

非常時にも食べられる食品を多めに備蓄し、定期的にその備蓄した食材を食事に取り入れ、食べた分だけ買い足していくのが「ローリングストック法」です。その食材での調理を経験しておけば、災害時でも「慣れた味」の食事を採る事が可能です

キャンプ用品も活躍!

綿半ではウォータータンク、寝袋、コンロなどのキャンプ用品も取り揃えております。皆さんもご存じの通り、キャンプ用品は機能性も高く災害時に非常に有効です

避難用品・住まいの安全

綿半では、地震・火災、台風などの災害別用品、非常用トイレやおしりふきなどの衛生用品・乾電池やモバイルバッテリーなど日常の準備や対策にむけた商品がそろっています。

日本赤十字 長野支部との取組

綿半ホームエイドは日本赤十字長野県支部と協力し、災害への備えや防災・減災に関する知識を広く一般に普及するために、防災・減災イベントを実施しました。

会場では、地元赤十字奉仕団による炊き出し実演のほか、長野県赤十字救護隊の指導による救急法の体験、被災地で活躍する日赤災害車両の展示、ハートラちゃんとわたぴー(マスコットキャラクター)との写真撮影会などを行い、連日多くの買い物客で賑わいました。

今後とも、こうした取り組みを地域に向けて発信してまいります。

ハートラちゃんとわたぴーは子供たちに大人気

救急法体験コーナー

日赤災害車両(dERU)

事業継続計画(BCP:Business Continuity Plan)

事業継続計画(BCP:Business Continuity Plan)とは、不測事態が発生し被害を受けても、企業の重要業務が中断しないため、またもし中断しても限られた経営資源を活用し、出来るだけ短い期間で操業を復旧させるための計画の事です。

綿半ホームエイドでは、災害などの緊急事態が発生した場合でも、自社の事業を継続していくために知恵を出し合い、BCPの策定に取り掛かっていただきたいと考え、行動指針を作成しました。

・お客様の安心・安全を確保する。
・全役職員及び家族の安心・安全を確保する。
・経営資源の保全を図る。
・経営資源に被害が生じた場合は、適切かつ迅速な復旧を図る。
・リスクの顕在化の際には、社会・地域と協力し、責任ある対策を講じる。
・不測の事態に対しては、迅速かつ不断の対策を講じ、会社の社会評価を高める。

納品実績

●納品実績 

綿半では防災用品を、主に地方自治体に納品しております。

主な納入商品 高圧洗浄機
保安帽
一輪車
ジョレン
アルミスコップ
ヤマハ発動機
土のう袋